営業アシスタントの派遣

おすすめ

営業アシスタントの仕事なら人材派遣会社がおすすめ!人と接する事が好きなあなたにぴったりのお仕事です♪

派遣の営業アシスタント求人ならサービス残業はありませんし、派遣会社の担当の人が色々相談に乗ってくれるので安心です♪営業アシスタントの仕事で人気の人材派遣会社を比較してみませんか?

営業アシスタントの派遣のお仕事について

派遣サイトを覗いてみると、営業アシスタントの仕事が募集されていることはよくありますよね。では、営業アシスタントとはどのような仕事なのでしょうか?今回はさまざまな仕事をする営業アシスタントについてご紹介します。

営業アシスタントの派遣の仕事内容

まず、営業アシスタントはその名の通り営業の方々をしっかりサポートやフォローをする仕事内容になっています。
しかし、その仕事内容は本当に幅広く、曖昧なものとされています。

例えば営業同行、資料まとめ、作成、スケジュール管理、中には電話応対やお茶出し、などの場合もあります。営業とは言え営業の同行も行いますが、その反面、営業さんの事務なども任される一面もあります。

いわゆるなんでも屋さんのような存在です。しかし、営業アシスタントは非常に重要なポジションで、その働きによって営業成績に大きく反映してしまうので、大変やりがいのあるお仕事です。

営業アシスタントは派遣でもよく募集をされていますが、サポート能力が評価されれば正社員登用してくれる企業もたくさんありますので、がんばって勤めましょう。

営業アシスタントの派遣が勤務する日や時間帯

勤務の日程・時間帯は企業によります。業界や職種によって勤務体系はまちまちです。中にはサポートにつく営業さんの勤務に合わせないと行けない会社もあります。

たとえばバイザーや携帯販売であれば平日休み、自動車や不動産業界なども同じく平日休みでしょう。個人向けであると平日休みが主になりますね。

一方、法人向けのマーケットを取り扱っている場合は土日休みとなる場合が多いでしょう。そして、ケースバイケースで休暇を取っている広告代理店やスタイリストなどの職種は不定休になることもあります。

しかし派遣とは言え、あくまで営業アシスタントは営業のサポートになります。職種によっては休みがアシスタントする相手に合わせた日程になることを重々承知の上で働くようにしましょう。

営業アシスタントの派遣の給料

営業アシスタントの給料は職種によりますが、通常の事務よりは高く、営業よりは安いといった給料になります。

都内では派遣で1,600円前後が多いです。ただし、この金額はあくまで一般的な企業の場合です。事務が多いアシスタントの場合は時給が下がりますし、営業が多いアシスタントの場合は時給が高くなります。中には時給2,500円近くの企業、職種も存在します。その場合は経験なども問われるでしょう。

また、中には月収制の企業もあります。その場合、残業があるなど自由が利かない場合もありますが、就きたい職種であったり人気職種であったりと理由がありますので、ご自身が働きたいと思う仕事を選びましょう。

営業アシスタントの派遣として働くメリット、デメリット

派遣で働くメリットは営業も事務も経験できるため、派遣であっても経験値がとても上がる。そのため、営業アシスタントを経験しておくと、立派な営業と事務の経験になるため、将来的に就職に有利になることも多いでしょう。

また、営業の経験がしたいけれど勇気が出ないという方にもおすすめできる職種です。今後は正社員として営業職に就きたいけれど、事務職しか経験がないのでまずは営業の仕事を見てみたい!という方には就きやすいですね。

デメリットは派遣とは言え、営業のサポーターとなるので労働時間が固定化されていない可能性があることです。営業職はアポイントの時間に合わせて仕事をすることや、時間外労働をしなければならないことも非常に多いです。

営業アシスタントの仕事も同様、営業さんについて回ることや緊急での仕事が入ることもあるため、時間外労働を強いられてしまう可能性があります。

プライベートを優先させるなどの自由がなくなる可能性があるので、プライベートを大事にしたい方は、その点をしっかり考えて応募するようにしましょう。

営業アシスタントの派遣がおすすめの方

営業アシスタントをおすすめできる方は以下のような方です。

パソコンスキルのある方

営業アシスタントのお仕事はパソコンを使ってサポートすることが非常に多い仕事です。募集要項にワード・エクセルの使える方を募集しているケースが多々あります。事務スキルとしてパソコンのスキルは有利になりますので、磨いておきましょう。

事務経験はあるけれど営業経験はないという方

事務経験がある方は営業アシスタントの仕事に有利となります。電話応対や書類管理や入力作業など事務面を任されることも非常に多いのが営業アシスタントの仕事です。営業に関しては同行やサポートとなりますので、研修期間でしっかり身につけましょう。

営業経験はあるけれど事務経験はないという方

営業経験がある方は、営業のサポートにどういったことが必要かをよく知っているので、力になることができる即戦力です。営業さんの力添えに徹することができるでしょう。しかし、事務作業も多いのがアシスタントです。就業後は陰ながらのサポートもできるよう、事務スキルを身につけていけるよう頑張りましょう。

派遣でもやりがいのある仕事がしたい方

営業アシスタントは派遣の中でも非常に大きな役割ややりがいを担うことのできる仕事です。そのため仕事において責任も伴いますが、頑張った分だけ営業さんの成績になる結果の出せる仕事になります。

希望職種に就きたいけれど自信のない方

派遣の営業アシスタントは広告代理店などの募集も非常に多いですが、憧れていて就業したくても勇気がない・・・という方は多いと思います。実際の仕事に就く前にどういった仕事なのか事前に知っておきたいという方には、サポートとして就業することができるのでとても安心できますね。

営業アシスタントで働くのに派遣とパート・アルバイトとどっちがいい?

営業アシスタントの仕事においては、派遣、パート、アルバイトのいずれも変わらないのでどれを選ばれても構いません。
どのような雇用形態であっても、営業アシスタントの仕事は実力主義かつ公平になります。そのため、ご自身がどこを通して働いたほうが良いかを選ばれるとよいでしょう。

営業アシスタントの仕事を探すのにおすすめの人材派遣ランキング

1位、リクナビ派遣

こちらも大きな派遣サイト・転職サイトなので、営業アシスタントの仕事が多く掲載されています。似たような職種として、営業事務の仕事もあります。サイトにエントリーシートを記入して送信することができるので、希望した企業に手間なく早急に応募できるのがありがたいシステムのサイトです。

>>リクナビ派遣の公式サイトはこちら

2位、マイナビ転職

非常に大きな転職サイトなので、営業アシスタントの仕事も多く見つかります。また、スカウトなどもあるので、営業経験のある方はアピールしておくと、営業アシスタントの職種からスカウトが来ることもありますよ。

>>マイナビ転職の公式サイトはこちら

3位、とらばーゆ

女性のための求人・転職サイトです。こちらも営業アシスタントの仕事を取り上げており、女性向けの営業アシスタント職をたくさん掲載しています。女性向けなので、未経験歓迎なども多いところが嬉しいですね。

>>とらばーゆの公式サイトはこちら

総括

営業アシスタントの職種はなんでも屋さんのような仕事になります。

営業面においては営業同行や営業サポート、アポイントとりやスケジュール管理などを行います。そして、事務面においては書類作成や管理、電話応対などと様々です。

営業面も事務面も必要となりますので、器用になんでもこなせるような方が理想ですが、やる気のある方であることが一番大切でしょう。どのような仕事を振られても一生懸命頑張ることのできる方であることが一番重要ですね。

就職に有利なのは営業経験のある方、そして事務経験のある方ですが、未経験でも可能といったところもあります。しかし、営業経験が2年以上という募集に制限がある場合もあります。

営業のような仕事となりますので、即戦力が求められているためでしょう。パソコンスキルのある方が求められている傾向も高いようです。

そして、営業アシスタントは正社員登用をしている企業がおおいので、派遣・アルバイト問わず仕事に就いてみることから始めるのが良いでしょう。

最新のエントリー一覧

派遣で仕事をするメリットとデメリット
"派遣会社から派遣されて仕事をする場合と、 会社から採用されて仕事をする場合、同...

あれはきつかったなぁ…
"それは今から15年前ほどのこと。 1年務めた派遣の仕事を、契約満了という形で退...